栄養表示

栄養の摂り方・使い方

栄養表示とは?

 当サイトでは、「栄養の摂り方・使い方」と題しまして、栄養素の解説、食べ物と病気や症状との関係を解りやすく説明しております。栄養面からでも、食べ物からでも、病名からでもすべて関連付けて紹介しておりますので、解りやすい構成になっております。健康を保つのはバランスの良い食事です。健康が気になる方もそうでない方も、このサイトをご覧になって役立てて頂けたら幸いです。
 トップページ>栄養表示とは?

 ■栄養表示とは
 ■特定保健用食品
 ■保健機能食品
 ■栄養機能食品
 ■栄養とは
 ■栄養素とは
 ■3大栄養素
 ■5大栄養素
 ■栄養素の働き
 ■カロリー
 ■消費エネルギー
 ■摂取エネルギー
 ■抗酸化物質
 ■脂質と脂肪酸
 ■たんぱく質とアミノ酸
 ■食物繊維
 ■糖質
 ■ビタミン
 ■ミネラル
 ■体に良い食べ物とその効果
 ■体に良い魚介類
 ■体に良い肉・卵・乳製品
 ■体に良い野菜
 ■その他の野菜・野草
 ■体に良い果物・木の実
 ■体に良い穀類・豆類・藻類
   赤ワイン
 ■健康茶・薬茶
 ■健康食品
 ■病気と症状
  ア行カ行サ行タ行ナ行
  ハ行マ行ヤ行ラ行・ワ



栄養表示とは?


栄養表示とは、冷凍食品など加工食品等の容器包装や添付文書に記載されている、その食品の栄養に関する情報の事です。これは、平成15年に定められた「健康増進法」という法律に基づき、栄養成分の表示に一定のルールを設けて、消費者に適切な情報を届けようという主旨から生まれました。食品を選ぶ時の参考や目安にしましょう。


表示のルール
表示をする、しないはメーカーの自主判断によりますが、表示する場合は守らなければならないルールがあります。


@容器包装を開かなくても見える場所に読みやすく表示する。
Aエネルギー、タンパク質、脂質、炭水化物(又は糖質、食物繊維)、ナトリウムの5項目
 は、必ずこの順番で表示する。
Bエネルギーはkcal、タンパク質、脂質、炭水化物はg、ナトリウムはmg(1000mgを超
 えたらg)という単位の統一。
C表示量の誤差は、+−20%以内なら許容。
Dゼロ表示や「○○たっぷり」などの強調表示の基準を設定。


決められた5項目以外の栄養成分は表示義務がありませんが、商品名や包装に強調表示を用いたときは、必ず栄養表示をしなければなりません。また、栄養素と似たはたらきをする食品因子(ポリフェノールなど栄養成分でないもの)は、消費者が混同しないように、枠外に表示することが定められています。ただし、表示義務はありませんので、メーカーの自主判断によります。



Copyright (C) 栄養の摂り方・使い方 All Rights Reserved